Skip to content
LINE Icon

美容室物件
紹介はこちら!

どのような悩みをお持ちですか?

美容室開業について

退職日や物件契約日、内装完工時期にもより変わります。

すぐオープンされる方もいますし、1ヶ月以上余裕のある方もいました。

保健所の検査もあるので、1週間以上は余裕がある方が良いと思います。

メリットは自分の好きなようにメニューを作成したり、自分の好きな時間に働けたり、自分が働けばその分の給料がもらえたり、時間のセーブができるなど、自由度が高く、効率的に働けることがメリットです。
家族がいる場合は時間を自由に使えるため家族の行事への参加がしやすいことは大きな魅力の一つです。
反対にデメリットは代わりが効かないため怪我や病気に注意が必要であり、お金を稼ぐためには労力を使うことになり体力の問題も考慮する必要があります。万が一に備えて保険に加入することも大切です。

美容室を1人で開業する場合、おおよそ1000万円前後が必要になります。具体的な内訳としては、家賃や内装、什器などにそれぞれ費用がかかります。運転資金も考慮に入れると800万円から900万円程度の融資を調達する必要があります。

福岡で22歳の美容師さんの独立を支援しました。

B-OPENで創業融資のみをサポートする場合は22万円税込になります。
※融資金額に関わらずです。

【サポート内容】
・金融機関の選定
・融資の流れ
・事業計画書作成
・開業動機
・コンセプト、セールスポイント
融資期間中1ヶ月から1ヶ月半LINE、zoomにてサポート。

美容室創業融資のみ
年間7億円調達実績
創業融資成功率99%

※エリアにもよりますが、B-OPENは不動産仲介、内装工事ができます。
 弊社で内装工事をやる場合22万円は無しになります。

現時点では東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、愛知、京都、奈良、兵庫は物件紹介契約、内装工事、融資可能です。

開業の流れ、創業融資、事業計画書のサポートは全国可能です。

実績図面をご覧になられたい場合には直接LINEにて、その旨と希望の面積をご連絡ください。

B-OPENでも運転資金500万円調達した方は一人しかいませんが、その内容は美容の材料が沢山かかるということで材料のお見積書300万円を用意して金融機関にご説明して満額です。

自己資金1,000万円

融資調達合計2,000万円
(公庫1,000万円)
(信金1,000万円)

内、運転資金500万円
※美容材料は運転資金枠に含まれます。

自己資金250万円になります。

スタイリストとして1年目や2年目に独立することは一般的ではありません。
通常、スタイリストとしての経験を積んでから独立することが一般的です。
ただし、例外的な才能や経験値がある場合は早い段階で独立することも可能です。

サロンの規模にもよりますが、スタッフ1人から4人程度で、15坪前後のサロンであれば融資調達含めて200万円から300万円程度で大丈夫かと思います。
※固定経費などの3ヶ月から4ヶ月分が理想と言われています。
勿論多ければ多いほど経営者は安心します。

一人二人での違いはそこまで大きくなく、売り上げを持ち、集客もある程度できていれば、どちらも問題なく利益は出せます。
ただし、儲かる度合いは個人によって異なります。

一人美容室の開業費用の具体的な内訳としては、おおよそ100万円から300万円前後の不動産契約金、内装におおよそ500万円から800万円程度、美容什器におおよそ100万円から150万円程度が必要です。
運転資金も200万円程度考慮に入れると、融資を調達する費用を含めて全体でおおよそ1000万円前後となります。
また、内装工事については、電気系統や給排水などの設備に加えて、内装仕上げ工事が含まれます。

一人美容室を開業する際のリスクとして、雇用ではなく個人での事業運営が行われるため、自己資金や借金による資金調達が伴う点が挙げられます。
また、スタッフや教育の面でのサポートが限られることもリスクの一つと言えます。
さらに、自分が怪我や病気をしてしまうと営業困難となるためリスク管理が欠かせません。
一人で美容室を開業するデメリットは、体調面でのリスクや融資を借りて開業する際のプレッシャー、そして体を壊した時に代わりが利かないことがリスクとなります。体を壊した際のリスクに備えて保険に加入することはとても重要です。

基本的に1人美容室であれば
自己資金150万円から300万円
直近売上月100万円
あれば融資は問題ありません。
※個信が問題ない前提です。

勿論坪数が大きくなったり、スタッフ導入の場合調達金額は変わる為、自己資金、売上も変わります。

現状0人の顧客での開業は厳しいと考えられますが、金融機関が事業計画や未来予想図を評価し、支援してくれる可能性もあります。過去の売上や現状よりも将来の事業計画を提示することが重要です。

出店時の地方戦略と都市戦略では、地域ごとに家賃や集客、リクルートなどの面で異なる戦略を立てる必要があります。地方では時間をかけて成長を目指し、都市では集客を重視した成長を目指します。

独立開業の融資や物件探し、融資手続きなどを含め、2〜3店舗まではサポート可能です。
5店舗から10店舗になるとオーナー自身での物件探しや融資手続きが増え、うちを利用しないケースもあります。
一方で15店舗以上になると開発力やスピード感を重視するため、当社のサポートが重宝されることがあります。
小さなことでも、いつでもご相談をお待ちしています。
LINEからお気軽にご連絡ください。

夫婦で美容室を開業するメリットとしては、家族間での収益が循環する点です。一方、仕事と家庭が絡み合うことで夫婦での意見の相違や衝突が起こり、家庭内の問題が職場に影響を及ぼす危険性もあると言えます。

1人美容室や夫婦美容室の開業は成功しやすい傾向があります。小さい規模で開業可能なため家賃を抑えることができます。またその他の経費も一人または夫婦ですとコントロールのしやすさがあります。自由な時間が手に入るのもメリットの一つです。時間やお金を工夫し、お客様にメリットのあるサービス提供や客単価の向上などが挙げられます。100万円で開業しても、売上が160万円や180万円に増えるケースも実績としてあります。

美容室居抜き譲渡売主、買主仲介あります。

スタッフを引き抜くことは、元の店舗に迷惑をかける可能性があります。
現在の店舗や自分の立場を考慮して決めることを推奨します。

美容室の開業を考える際には、30歳前後が適切な時期であるとの考えがあります。
以前よりも若年層が開業している印象にあります。
美容学校卒業後すぐにフリーランスや副業で資金を早くに貯めて経験を積み、22歳や25歳で開業されているお客様もいらっしゃいます。
個々の生産性を高め、借金返済などの仕組みを整えることが重要です。

通常は家賃によって異なりますが、過去の事例では60万円から80万円が一つの目安とされています。実績によって異なるかもしれませんが、この数値が参考になります。最低でも月に60万円の売上でも融資調達が可能ですが、例えば家賃やイニシャルコストによっても売上が変動するため、80万以上、100万円前後の売上があると融資の際にも有利に働きます。

今現在のお話ですので、個人で物件契約で良いと思います。

その後法人化しましたら、不動産屋さんに法人に変わったことをお伝えして名義変更をする形で良いと思います。

その際不動産屋さんからは更新のタイミングに名義変更すると言われるか、その時になるかは確認してください。

※保証会社の審査の有無も確認すると良いです。

時間を無駄にしない開業を実現するためには、開業のステップを具体的に切り分けて考えることが重要です。
また、経験豊富なアドバイザーからのサポートを受けながら、計画的に進めることが大切です。
B-OPENでは開業に関するすべてのことをLINEやZOOMを利用し、無駄なく開業準備をすることができます。
物件探しも即レス対応で行っています。
公式LINEまたはオープンチャットからご連絡ください。

1年で独立できるかどうかはかなりハードルが高いと考えられます。
例外的な才能や資金を持っている場合は国家試験を取得しなくても美容室を経営することは可能ですが、多くの場合、スタイリストとしてキャリアを積んでから独立することが一般的です。
ただお客様の中では副業やフリーランスでスタイリストとして早くに実績を積んでいる方もいらっしゃいます。

美容室専門の不動産屋をしているB-OPENは、美容室の特有の要件やニーズを理解しており、セット面やシャンプー台の数などの専門知識を持っています。

また不動産だけでなくその後の融資や内装工事など美容室開業に関するノウハウを全て持っていることも特徴です。
B-OPENでは開業までをフルサポートいたします。

以前は30代後半や35歳前後の方が多かったが、最近は27歳から30歳前後の若年層が独立する傾向にあります。
若年層が独立まで至る背景として、ネット上での情報入手や金融機関の融資が若年層にも利用できるようになったことが挙げられます。
また、若年層が独立開業までに自己資金を貯めることも可能になってきたと言えます。
美容学校卒業後すぐにフリーランスや副業で資金を早くに貯めて経験を積み、22歳や25歳で開業されているお客様もいらっしゃいます。

美容室開業後の広告については、大手の広告媒体を利用することが一般的です。しかし、一人で美容室を経営する場合、ホットペッパーやGoogle広告、ポータルサイトなどの安いプランや無料プランを活用することが多いようです。
高い広告媒体ではコストがかかりすぎてしまいます。
ホットペッパーのライトプランは効果が高く、費用対効果も優れています。
Googleは0円〜活用できます。SNSも併用して自分でも積極的に発信していくことも大切です。
自身のストーリーやスキルをライブ形式や動画形式で発信し、ファンを作るという方法もあります。
これにはあまり費用をかけずに実施できます。
B-OPENから代理店などもご紹介可能です。

保健所には直接行って資料をもらってくる必要があります。
直接行くことで相談できるタイミングを逃さず、情報をヒアリングすることが重要です。

保健所の検査までの流れは、内装工事の途中1週間〜10日前に検査の曜日を決めて予約をしておくことが重要です。
検査の際には消毒器などの準備が必要です。
また、保健所の検査の書類は内装工事が始まる前に把握し工事期間中に揃える必要があります。
保健所の検査の時にはエタノール、消毒器、メスシリンダー、マスクなどの準備が必要です。
準備のリストは都道府県によって異なるため注意が必要です。各自治体の保健所のHPをご確認ください。

資金調達

セット椅子
セット面
シャンプー台
デジタルパーマ
フロント
加温機
タオルドレッサー
他美容室で使う大型什器

その他は金融機関にどこまで入るのかを直接確認してください。

例えば、冷蔵庫やパソコンなど金融機関にご確認してみてください。

※B-OPENでわかる分は上記になります。

美容室を1人で開業する場合、おおよそ1000万円前後が必要になります。具体的な内訳としては、家賃や内装、什器などにそれぞれ費用がかかります。運転資金も考慮に入れると800万円から900万円程度の融資を調達する必要があります。

土地建物いうことは店舗型住宅ですか?

店舗型住宅とテナントは内容がかなり変わります。

土地建物借りる場合であればテナントと同じになります。

共に1年間でできるだけ自己資金、売上を上げることが優先になると思います。

金融機関の融資をやってみないとわからないというのが本音です。
開業については物件契約、内装工事などは金融機関からの内諾が出てから進めると安心です。
その際は不動産屋にその旨を伝えて契約時期を交渉してみることをお勧めします。

最終的には金融機関の判断になりますので、トライしてみてになります。

例えば
物件契約、内装工事着工を融資内諾後にすれば安心かと思います。

助成金、補助金を利用されたケースは何件かありましたが、B-OPENとして対応はしておりません。

助成金、補助金は期間限定のものや都道府県によっても変わってくるので、専門家に確認するのがお勧めです。
B-OPENでは社労士や会計士をご紹介することは可能です。

6席ですと物件の広さは坪数20坪程度が目安となります。
内容や使用する什器により変動しますが、1,500万円前後の開業資金が必要です。

概算ですが
・家賃約15万円〜40万円前後
・不動産契約金300万円前後
・内装700万円〜1000万円前後
・美容什器平均200万円前後
・運転資金200万円

合計1,500万円〜1,700万円程度
※運転資金も融資調達。

自己資金である程度出せる場合を除き、融資金額が1,000万円超える場合は公庫と信金 or地銀の協調融資となります。

今の段階ではネット銀行で大丈夫です。

創業融資を申し込む際に、自己資金、通帳内の動きを印刷して金融機関へ提出できれば大丈夫です。

ブラックリストに載ったことがある場合、融資が降りるのは難しいです。

自己資金は問題ありません。

融資はもっと借りれるかと思いますが、それ以上借りたくないということであれば400万円で良いと思います。
ただし自己資金を全て使うと運転資金が無くなるので注意が必要です。

B-OPEN実績では60万円で独立した方はいますが、80万円であれば融資はいけると思います。
※事業計画書作成などは力を入れます。

無謀ではありません。大丈夫です!

※勿論、個信がNGの場合は融資調達は難しいです。

フリーランスの場合は年収が高い=売り上げているということになります。
B-OPEN実績では年収400万円程度の方で融資調達した実績はあります。

美容室より設備費用が掛からないためイニシャルコストは低いです。
費用は不動産、内装、什器にもよりピンキリです。
坪数や内装デザインにもよりますが。
全て込みで200万〜600万円程度想定します。

髪の毛などが流れて詰まりや逆流のリスクがあるため、排水設備のサイズや水圧は十分に注意が必要です。
また、1階と10階では水圧が異なるため、それぞれの状況に合わせて対応が必要です。
家主や不動産会社へ必ず確認をしてください。

不動産情報出てない場合は、まず家主さんを見つけてご自身で聞いてみる形になります。
直接家主さんに聞く、近所の方に聞く、または謄本から調べる形になります。
家主さんが貸してくれる場合は、近所の不動産屋さんを仲介で入れる形になります。

B-OPENに来られるお客様はB-OPENで事業計画書のサポートをしますので、まずは物件をある程度決めてからになります。

収支計画は、売上から原価材料を引いたもので、人件費や経費などの費用を考慮した計画のことです。1期目から2期目までの売上や利益を見据えて記載されているものや5ヵ年計画を記載するものなど使用する事業計画書によって異なります。

意外と見落としがちなのは事業計画書の各項目の数字を入れる際、単位が(千円)なのか(万円)かに注意が必要です。
また、端数まで求められていなくても真面目に入れておくと金融機関は認めてくれるケースが多くあります。

事業計画書は、保証協会や金融機関からダウンロードできます。
書式は異なりますが基本的な内容は同じです。
B-OPENからも提供しています。

開業動機や目的の記載については今までの自分を知らない相手(金融機関)に見せるものなので、どんな思いで今までやってきて、今後こうして行きたい!ということを詳細に記載することをお勧めします。

美容室開業の創業融資は問題ありません。
※ローンの遅れなどなければ大丈夫です。
※B-OPENの過去実績

住宅ローンが通った後に支払いの遅れなどあれば別ですが、住宅ローンが通っている場合は個人の個信が問題ないということがわかります。

万が一、金融機関より車のローンが重たいという判断になれば自己資金からローン返済ということはあり得ますが、B-OPENでサポートした方では今の所ありません。

国民保険、民間保険でしょうか。
雇用であれば会社が社会保険料支払ってます。
年金を滞納していた方もB-OPENでは過去に融資調達できた実績はあります。
基本的には、クレカ、ローン、税金関係などが遅れていると難しいですが、保険料は見られないと思われます。

過去にクレジットカードや税金の未納、携帯電話などの支払いがされていない方や、過去にブラックリストに載った方などが該当します。不安な方は自分が過去に滞納や借金をしていないか確認してください。「CIC」や「JICC」などで確認できます。

・不動産契約金明細
・内装工事見積
・什器見積
揃い次第、融資申込に行きます。

融資の相談に行くだけでも大丈夫ですが、金融機関は資料揃い次第申込になります。

親からの支援がどの程度かにより変わります。
年間110万円までなら贈与税はかからないと思います。
特別贈与1,000万円の場合、約117万円程度納税すると思います。
親からの借入の場合は返済になります。借用書が必要です。
↑上記の件は大まかなものになるので、親からの支援額を税理士に確認することをお勧めします。
また、援助を受ける際は現金でのやり取りではなく、親の通帳から個人へ送金されていることが証明できるように通帳に記帳してください。

 

どの程度下げているかにもよりますが、普通に生活ができないレベルまで下げているとどうやって生活してたのかと疑問に思われてしまいます。
過去の実績から売上を上げて利益を出してそこから借入返済をするという流れで事業計画書は作ります。
B-OPEN実績で確定申告の金額が年間200万円から300万円という方もいたと思いますが、融資は通りました。

基本どちらでも大丈夫です。

株式会社は株を分け合う形なのでわかりやすいです。

合同会社は株はありません。

株式会社を作るより合同会社の方が設立費用は安いです。

税理士の先生や司法書士の先生にアドバイスもらうのも一つです。

業務委託、シェアサロンの会社ごとにもらえる金額(還元率)は違うので
資金が貯まる方を選ぶ形で良いと思います。
貯めたい金額を決めて売上上げていく形がお勧めです。

基本的に1人サロンであれば
自己資金150万円から300万円
直近売上月100万円
あれば融資は問題ありません。
※個信が問題ない前提です。

勿論坪数が大きくなったり、スタッフ人数の規模により調達金額は変わる為、自己資金、売上も変わります。

創業時の場合、同じ意味になります。

公庫は借入申込書、創業計画書の2つが揃って申し込みになります。
ほかにも見積書なども必要です。

協調融資とは、複数の金融機関からの融資を組み合わせることで、特に大きな融資に対応する仕組みです。
目安としては1000万円以上の融資をうける際は協調融資も視野に入れましょう。
地銀と信用金庫の協調融資はほぼないです。保証協会なども考慮しつつ、一つの金融機関からの融資が一般的です。

商工会議所へ融資の相談へ行っている方はいますが、B-OPENに来られている方ですと数%程度です。
ただ、色んなアドバイスをしてくれたり、金利引き下げのプランなどあると思います。
都道府県によっても変わるかもしれません。
相談だけでしたらどのタイミングでも受け付けてくれると思います。

独立時の家賃比率が15%前後になることはあります。

概算になります。
2人分の売上 90万円
材料 約10%
ネイリスト人件費 …円
広告費 …円
家賃 15万円
光熱費 5万円前後
消耗品 5千円前後
その他経費 5万円
借入返済 8万円

変動経費にもよる。
借入金額により返済も変わる。

ざっくりではありますが30万円〜40万円前後が税引き前の本人の給料になると思います。

美容師売上80万円
ネイル50万円
売上上げられると更に収入は増えます。

詳細が分からないため、あくまでも概算です。

奨学金だけでなく、車のローンや住宅ローンを支払いながら創業融資を調達できているので問題ないと思います。

創業融資計画書には、ローンあることを明記してください。

勿論自己資金や売上、個信などにより調達できるできない場合はあります。

※あくまでもB-OPEN過去の実績です。

判断は金融機関になります。
独立する際に心配でしたら融資内諾してから物件契約や内装工事着工することをお勧めします。
※融資内諾前に物件契約をして万が一契約破棄になった場合は違約金が発生します。

定期借家は契約期間が決まっており、期日が設けられています。
一方、普通借家は更新が可能な契約形態です。
定期借家でも一定期間の後に再契約が可能な物件もあるので家主や不動産会社に確認してみてください。

年金の支払いに遅延があった場合、遅延や未納があったままだと融資は難しいです。
まずは支払いを済ませ、個人信用調査機関等に確認をお勧めします。

基本は店舗型住宅の場合、家の部分は住宅ローンです。
店舗の部分は自己資金か、事業ローンになります。

家、店舗を全て住宅ローンで組まれているケースがありますが基本的には、住宅ローンは住宅の為にあります。

建築される予定の不動産屋さんにもご確認ください。

決算が終わってない場合、個人の時もしくは雇用の時の納税関係がわかるものは金融機関に提出する形です。

税金、クレカ、ローンなどの遅れ、過去に未納、滞納がなければ大丈夫です。
独立開業する方は、特にタンス預金はやめましょう。
金融機関は見えるもののみ信じます。
個信が心配でしたら、指定信用情報機関CICなどで調べて情報を取ってみてください。

現預金がいくらあるか、借入金額がいくらになるのかにもよります。

現預金がある程度ある場合は創業計画書、事業計画書のところに有価証券の金額を記載すれば大丈夫です。

面談時に、現金化することもできると伝えることは大切です。

それでも自己資金が足りない場合は現金化します。

👇B-OPEN実績
自己資金450万円
有価証券2,000万円
有価証券を現金化せずに融資おりたケースはあります。
※融資調達額にもよります。

業務委託だからといって融資が出ないということはありません。

売上問題ないです。

B-OPEN実績では、過去に22歳で1,300万円の融資調達をして独立開業した方はいます。
※個信問題なければ。

事業計画書などしっかり作り金融機関に提出すれば大丈夫かと思います。

税理士さんに直近の試算表はもらった方が良いと思います。
足りない月の分はサロンポスから売上などわかるものをお出しした方が金融機関の担当者がわかりやすいと思います。
法人で決算終えてる場合は、決算書もあった方が良いです。

融資が出ないこともあります。
物件契約を融資決定後にする形が安心です。
すでに物件契約していて、融資が出ない場合は別途ご相談ください。

独立開業の場合は基本的に融資内諾後、物件契約の方が安心できると思います。
ただ、物件を止めておけないケースが多いので物件契約を先にするケースもあります。
店舗展開の場合は実績がある為、融資を行う前に物件契約を先にしています。
借りたい物件に他にも申し込みがあった場合は貸主側は早めに契約してくれる方を優先にします。

B-OPEN実績では、独立される美容師さんの個信、売上、自己資金にもよりますが物件契約を先にするケースが70%以上です。
※あくまでもB-OPEN実績によるもの。

店舗の契約の場合、契約金や敷金または保証金、礼金、仲介手数料、保証会社の手数料、前家賃、借家人賠償、鍵の交換代などがかかります。
大体の相場としては、家賃の10ヶ月分くらいの費用がかかると考えられます。
敷金・保証金は3ヶ月分程度から10ヶ月分程度預けることが多いですが、新築や都心部では預ける金額がそれ以上に多くなる場合があるので注意が必要です。
必要な資金については契約金明細書や事業計画書でしっかりと確認し、借り入れの際には見えない費用も含めて検討することが重要です。

物件内見をして、その物件で決まれば→内装現調→内装、什器のお見積を取ります。
物件は申込をして物件契約金明細を不動産屋さんにもらいます。

・物件契約金明細
・内装工事見積書
・美容什器見積書

こちらがあれば事業計画には入れます。

※不動産屋さんには融資内諾後物件契約になる旨は伝えた方が良いです。

不動産契約金、内装、設備、数ヶ月の運転資金も自己資金でいけるようであれば、無理に借りる必要はないと思います。

通常は家賃によって異なりますが、過去の事例では60万円から80万円が一つの目安とされています。実績によって異なるかもしれませんが、この数値が参考になります。最低でも月に60万円の売上でも融資調達が可能ですが、例えば家賃やイニシャルコストによっても売上が変動するため、80万以上、100万円前後の売上があると融資の際にも有利に働きます。

B-OPENでの類似実績をご紹介します。
・自己資金150万円
・売上月90万円
・1人美容室開業
・勤めていた当時客単価9,000円
・融資調達額 信用金庫から1,034万円満額
(1行から調達)
・独立後の客単価16,000円以上

個信が問題なければ融資可能です。

なおB-OPENでの実績として公庫での融資額は1,000万円を超えたことはありません。
1,000万円超える場合は、協調融資になります。

収入が少ない場合でも融資は出ているケースあります。
※調達金額にもよります。

あとは直近の売上などをしっかり事業計画書で作り込みましょう。

確定申告だけではなく、金融機関へしっかりと説明ができることも重要です。
※最終判断は金融機関になります。
自己資金400万円は問題ありません。

また公庫だけではなく、信金、地銀という考えもありますので万が一、公庫で融資が出なくても信金、地銀でチャレンジする価値はあります。

融資が通るか心配な場合は物件は融資決定後に契約をさせてもらう、内装工事着工も融資決定後に手付金などを支払って進めることをお勧めします。

現金での受け取りの場合、給料明細を金融機関に見せる形で良いと思います。
お金の流れを説明できれば問題ありません。

地銀、信金の場合はその方が実績確認はできます。
メガバンクの場合はあまり意味はありません。
また、創業融資でメガバンクに行くケースはほぼないです。
※B-OPEN実績

美容師の独立開業では自己資金が重要で、一般的には150万円から200万円ほどの自己資金があると望ましいです。また、売上を持っている方が金融機関の支援を受けやすくなります。

親御さんからの支援は、必ず親御さんの口座からご自身の口座に振り込んでもらうようにください。
ご自身の売上や開業時の初期費用にもよりますが、自己資金だけではなく事業計画書もしっかり作れば大丈夫だと思います。
B-OPEN実績では、自己資金150万円→融資調達1,000万円以上で信金からの調達ができています。

融資申込中は内装や什器、設備に関しては先に支払うと出なくなります。
買う物と金額によりますが金額がそんなにいかないのであれば現金で購入し、金融機関の融資で運転資金を増やす方法があります。
※運転資金の枠に設備の内容を書いても出ませんのでお気をつけください。
勿論設備より運転資金の方が借入しにくいですが金額が10、20万円程度であれば運転資金の借入を増やす形です。


B-OPENの場合
例えば
出るかは確実ではないが、運転資金申込を300万円以上にしておく。
基本は運転資金の融資調達は200万円前後ですが、過去の実績で創業融資の運転資金で500万円調達した方は1人います。

B-OPENでの現在までの実績では減額することはありますが融資が下りないケースはありません。
しかし、他の場所では下りなかったという例もあるため、個々のケースには異なる可能性があります。
自己資金が足りない場合や、滞納など個人信用に傷があったり、面談での態度が悪い場合は融資が降りるのは難しいと思っています。
事業計画書に嘘の内容や現実的ではない数字を入れている場合も、金融機関はプロですのですぐに分かります。

減額された金額にもよります。

例えば公庫若しくは信金、地銀のみの場合で1,000万円申し込んでいて、半分になったりして開業ができないレベルであれば他の金融機関との協調融資をします。

ただ、1,500万円、2,000万円申し込みんでいて既に協調融資の場合はそれ以上は出ないと思います。
※B-OPENの過去の実績ですので他はわかりません。

↑什器をリースに変えるなど検討することもあります。

協調融資をしておらず資金が足りない場合に限り、他金融機関へアタックする形です。

融資が通らない理由は、金融機関が個人や事業の信用や計画を判断し、その人の面談での態度や事業計画が不十分だと判断されることがあります。
また、自己資金や現在の売り上げが足りない場合も通りません。
B-OPENでは事業計画に偽りや個人信用に傷がない限り、過去全てのお客様が融資が通っています。

基本的には日本政策金融公庫、地方銀行、信用金庫などから選ぶことが一般的です。
通常、美容室開業を行う方は日本政策金融公庫を選ぶケースが多いです。
ただし、協調融資が必要な場合は信金や地銀にも相談することが多いです。
日本政策金融公庫では通常2000万円までの借り入れが可能ですが、それ以上の調達が必要な場合は信金や地銀で融資を受けることがあります。
それぞれ金利や保証料などに違いがあります。
また、地域によっては金利補助制度があり、金融機関によって利子補給が異なる場合もあります。
B-OPENにご相談ください。

内装の見積りや物件の費用などが分かり借入希望額を正確に出した後になります。
金額などを書くところがあります。

現預金での自己資金

有価証券
※有価証券は、現金にすぐ変えられるものであれば良いです。

あくまでも金融機関は現預金を見るのが通常になります。

基本的には融資内諾後物件契約が安心かと思いますが、B-OPENでも融資内諾前物件契約するパターンはあります。

その理由は人気物件など申し込みが複数入っている場合、物件を他に取られる可能性があるからです。

もちろん、金融機関がそのように言ってる場合であればそうするしかないですが、そうでなければ気にしなくて良いと思います。

金融機関が物件契約は自己資金でとのことでしたら、ある程度融資がいける段階の方が安心です。

コツコツ貯めてる通帳が一番良いです。
有利になります。
金融機関からするとそれが当たり前と考えているようです。

口座は分けても良いですし、分けなくても大丈夫です。
融資申込時に金融機関に提出するのは、
光熱費や家賃、住宅ローンの支払いが分かるものと自己資金がある口座を提出する形です。

因みに
公庫は1年分の口座記録が必要になります。

信金、地銀は大体4ヶ月分程度です。
※金融機関により変わります。

政府系金融機関も民間金融機関も1年分出せれば間違いないと思います。

公庫の場合最大1年、平均半年くらいです。
(※B-OPEN実績)

B-OPENでは据置推奨しています。

現預金を増やすためにしています。

全員ではありませんが大体がみなさん据置しています。

私たちの経験では、地方銀行や信用金庫からの融資審査結果が比較的早く出る傾向にあります。
特に、地銀や信金からの融資が早いことが多いです。

1000万円以上の調達の場合、日本政策金融公庫と信金・地銀からの協調融資をご案内することがほとんどです。
合計1500万円や1600万円調達するケースもあります。

同じ金額であればそのままでも大丈夫かと思いますが、金額変わるようでしたら、金融機関に商品変わった旨をお伝えする形が良いと思います。

公庫の場合はご自身に入金されますが、信金、地銀の場合はメーカーや設備会社に振り込まれますので金額が違うとメーカーによっては返金できず物が変更される場合があります。

服装は少し綺麗めで行った方が良いです。
以前はスーツで行ったりもありましたが、今はある程度綺麗めの格好でしたら大丈夫です。
髪色も無理に黒くする必要はありません。
いつも通りセットしてビシッとなっていて、低姿勢で行くことです。
シャツとスラックスやジャケットもあればなお完璧です

融資額は多ければ良いわけではなく、金額は人それぞれです。
欲しいだけ金融機関から調達できる訳ではないので必要な分だけ借りましょう。

基本的には親御さんの名前がわかるように振り込む形が理想です。
金融機関へのご説明をして担当者の判断になると思います。

親族から振り込まれたことがわかるように通帳記録が取れるようにしてください。
親族からの借入の場合は借用書を交わすか、相続の場合は金額などにもより変わります。

融資の直前でも大丈夫です。

運転資金は家賃、広告宣伝費、美容材料などの日常経費に当てられます。
一方、設備資金は内装工事費や美容機器などの設備に充てられます。運転資金と設備資金はしっかりと区別されるべきです。
運転資金は100万〜300万円程度が一般的です。

金融機関への提出は、個人事業主の場合確定申告書になります。
法人は決算書になります。
3年分が基本になります。
例えば業務委託の期間が3年未満の場合は、確定申告ある分と雇用時の給料がわかるものをご提出すると良いです。

金融機関との面接でのポイントは、過去の実績や実績データの積み上げ、自己資金や熱意、事業計画書の具体性などが重視されます。
また、独自の強みや将来への展望なども重要です。
自分がお金を貸す立場になって考えることが大切です。

金融機関には日本政策金融庫庫、地方銀行、信金、商工中金、メガバンクなどがあります。
公庫に加え地方銀行や信金などが利用されていることが一般的です。

金融機関の融資内託が降りるまでの期間は、一般的に1ヶ月から1ヶ月半程度です。
申込後には面談や追加資料の提出が求められ、それを踏まえて融資内託が降りるまでに時間がかかります。

金融機関への融資申込の流れは、申込書の書類作成や事業計画書の提出、面談、保証協会との連携などを含んでいます。
申込の際には自己資金や事業計画書の準備が必要です。

出るかどうかは別ですが、まだ公庫に相談してなければ公庫へ足りない分の運転資金をご相談、融資申込は可能です。

※B-OPENのお客様になりますが、公庫で減額になり足りない分を信金、地銀での融資調達はできてます。

今回とは逆にはなりますが、一度ご相談に行ってみてください。

内装

B-OPEN過去実績になりますが15坪あればセット面5席、ジャンプー3台はいけると思います。

ただ同じ坪数でもビルの形状により変わりますので注意してください。

インフラにつきましては、希望の最大数のセット面、シャンプー台に使用する電気、給排水などが足りていれば大丈夫かと思います。

1台分の給排水は立ち上げまで行い、蓋を閉めておくと良いです。

物件の形やセット面の幅、給排水の位置などにもよりますが一般的な範囲であれば可能かと思います。

シャンプー台は給排水の設備に関連し、20センチほど床上げが必要な場合があります。給排水の勾配を考慮して床が上がるため、シャンプー台の設置に必要な高さを確保する必要があります。

スケルトンでの内装工事費は坪数や仕上げのイメージによって異なります。一般的には700万から1000万円以内を目安に考えることができます。もちろん、それよりもコストを抑えたい場合でも不可能ではありませんので、一度ご相談ください。

スケルトンと居抜きの物件では、内装工事の金額や変更のしやすさが異なります。スケルトンは内装費用がかさむが、自由度が高く、居抜きは安価で済みます。自分が理想としている美容室のイメージに近い居抜き物件があれば内装費は大幅に削減できます。

内装で床、壁をコンクリート打ちっぱなしのままのケースは増えてきてます。
デメリットはカラー材の付着や髪の毛を拾いきれないこと等です。

美容室の開業における内装費の平均的な費用は、500万円程度が一般的です。ただし、条件や物件によってはそれ以上の費用がかかる場合もありますので、事前にしっかりと計画を立てることが重要です。

B-OPENの実績にはなりますが、開業するサロンでレセプションカウンターはないところもあります。
保健所検査は通過しています。
※ただ地域によっても変わる可能性がある為保健所には前もって確認してください。

減価償却費は、内装や什器などの設備に関して確か20万円以上が対象だったと思います。
※税理士に確認する必要はあります。

家賃を抑えて広くする為にはレセプションカウンターなどを最小限にするのも一つの方法です。
特に都心部はスペースギリギリで内装工事をしています。

内装デザインイメージを美容師さんがある程度考えています。
その後設計デザイン、施工店と打ち合わせをして決めていきます。

席の使用頻度や配置に合わせて適切な位置に設置することが重要です。
また、将来の使用を想定して余裕を持たせることも考慮しましょう。
コンセントを後から設置するのは難しい作業になりますので美容室ならではの動線を細かく想定して伝えてみてください。

内装工事には、内装仕上げ工事と給排水・電気系統が含まれます。
内装仕上げ工事には建具の制作や塗り壁、タイル貼りなどが含まれ、給排水や電気系統にはシャンプー台やエアコン、換気扇などが含まれます。
内装工事の費用は最低限のものからこだわりを持ったものまで幅広くあります。
広さの他にも建具や造作物などの内容によってによっても大きく費用が異なりますが内装工事は500万から700万円程度と考えられます。
給排水設備や電気などに多くの費用がかかるケースが多いです。

工事中には、電気の数やスポットの数、コンセントの位置、給排水などをしっかりとチェックすることが重要です。また、保健所の指摘事項にも注意する必要があります。

内装業社さんは、地域によっても価格、施工などは変わると思います。

美容室の施工を沢山やってるところが良いですね。
経験値が高いと思います。
住宅の内装と美容室の内装は違いますので注意してください。

大きく2つの方法があります。
1つ目はスケルトンのコンクリートを活かした方法で、壁や天井を塗装したり、基本的な設備のみを活用することで内装費を抑えることができます。
もう1つは既存の設備を活かす方法で、エアコン、トイレ、20年以内に新しく設置されたガス給湯器などを活用することで内装費を抑えることができます。
例えばエアコンが設備として付いていた場合は50〜70万円の節約ができます。
そ他に、見えないところなどは既製品を使うことが費用を抑えるポイントです。

物件

家賃は固定経費になりますので無理をして借りてしまうとその後厳しくはなります。

ただ、創業時家賃比率15%前後になってもその後10%、それ以下にできるのであれば大丈夫です。

物件や競合、どのくらい物件が空いていたかにもよりますが。

家賃交渉は基本10%前後はいけることも多いですが、家主さんの判断になりますので一概には言えません。

例えば
家賃が下がらなければフリーレントを数ヶ月交渉。

敷金、保証金を下げてもらう。

などする形になります。

フリーレントや敷金が下がることにより、イニシャルコストが減ります。

それを何年かで計算すると家賃が下がっているのと同じになります。

家主さんも物件を貸して家賃をもらい商売していますのでそれを踏まえて交渉は大事です。
交渉は申込のタイミングで行うようにしてください。

B-OPENの過去実績になりますが15坪あればセット面5席、シャンプー3台は置けると思います。
ただ同じ坪数でもビルの形状により変わりますので注意してください。

B-OPEN過去実績になりますが15坪あればセット面5席、ジャンプー3台はいけると思います。

ただ同じ坪数でもビルの形状により変わりますので注意してください。

インフラにつきましては、希望の最大数のセット面、シャンプー台に使用する電気、給排水などが足りていれば大丈夫かと思います。

1台分の給排水は立ち上げまで行い、蓋を閉めておくと良いです。

物件の形やセット面の幅、給排水の位置などにもよりますが一般的な範囲であれば可能かと思います。

B-OPENは不動産屋ですので、物件仲介する際、宅建業の法律に定められている仲介手数料になります。
物件紹介はこちらからできます↓

https://b-open.jp/

古い建物での内装工事においてはアスベスト調査や検体取得が必須となります。費用負担は家主の負担ではなく借主の負担となるケースもあるため、不動産屋へ確認が必要です。

フリーレントとは家賃を支払わずに利用できる期間のことであり、内装工事期間中や開業初期における生産性向上のために重要です。
フリーレントの交渉は申込み時に行うことが一般的であり、家賃と同時に希望条件を伝えることをおすすめします。

プロパンでも大丈夫ですが、都市ガスと比べてガス代は上がる場合がほとんどです。
※ガス会社に金額はご確認してください。

設置費用もプロパンガス屋さんにより変わります。
稀に給湯器を無料にしてくれる場合もあります。

地域のプロパンガス屋さん数社あればそれぞれに聞いてみることをお勧めします。
なお、ガスを使用しない場合は電気ボイラーを利用する方法もあります。

一人美容室の開業費用の具体的な内訳としては、おおよそ100万円から300万円前後の不動産契約金、内装におおよそ500万円から800万円程度、美容什器におおよそ100万円から150万円程度が必要です。
運転資金も200万円程度考慮に入れると、融資を調達する費用を含めて全体でおおよそ1000万円前後となります。
また、内装工事については、電気系統や給排水などの設備に加えて、内装仕上げ工事が含まれます。

保証会社は第三者機関で、借り主(賃借人)の家賃保証をしてくれる会社です。
テナント物件を借りる際にほぼ100%入ることが義務づけられており、保証会社の審査には通常3日ほどかかります。

B-OPENに来られるお客様はB-OPENで事業計画書のサポートをしますので、まずは物件をある程度決めてからになります。

B-OPENの実績にはなりますが、開業するサロンでレセプションカウンターはないところもあります。
保健所検査は通過しています。
※ただ地域によっても変わる可能性がある為保健所には前もって確認してください。

減価償却費は、内装や什器などの設備に関して確か20万円以上が対象だったと思います。
※税理士に確認する必要はあります。

家賃を抑えて広くする為にはレセプションカウンターなどを最小限にするのも一つの方法です。
特に都心部はスペースギリギリで内装工事をしています。

ビルの形状により異なりますが20坪程度必要です。

電気容量は最低50A /10k
60A /12kあれば安心です。

※50A /5k SB住宅向けの契約は厳しいです。増設が必要です。

↑ガス給湯器が使える前提です。

電気ボイラーを使うと容量は足りなくなります。
※ボイラーを使用する場合は電気容量をメーカー確認してください。

また動力がきていなくエアコンをカバーできない場合は、必ず60Aは必要になります。

あくまでもB-OPENの実績によるものですのでご理解ください。

物件が決まり次第、正確に調べる為にも内装屋さんに現調をしてもらい確認してください。

内装工事期間は収入がない状態で家賃を払わなくてはいけないので物件契約後はなるべく早く内装工事を始めて、開業までの期間を効率的に進めることが重要です。また、物件申込の際に大家さん(貸主)へ工事期間をフリーレント(家賃が発生しない期間)にしてもらえるよう交渉することもお勧めです。

内装業社さんは、地域によっても価格、施工などは変わると思います。

美容室の施工を沢山やってるところが良いですね。
経験値が高いと思います。
住宅の内装と美容室の内装は違いますので注意してください。

概算ですがセット面3面、シャンプー2台、ドライヤー3台で約36A、エアコン20A(※エアコン小さい店舗の場合)

60Aあれば間違いありません。

40A→60Aに電力を上げてもらえるかを不動産屋を通じて貸主に確認してみてください。
電力を上げられるかどうかは物件の築年数にもよります。

また、同じ40Aでも4キロワットと8キロワットが存在します。
8キロワットあれば電力を上げずに美容室ができる可能性があります。(※エアコン小さい店舗の場合)

※大体はガス給湯器を使いますが、ガスではなく電気ボイラーを使用する場合は電力になるので変わります。

物件ごとに内容が変わる為、内装業者の現調を入れてインフラ設備確認してもらうのが間違いありません。

今は、同じビルでも貸主と入居する美容室が問題なければB-OPENでは美容室の誘致はしてます。
昔と比べて今はそれほど気にしていません。

基本的には契約条件は変わりません。
ただ不動産屋の態度の違いはあるかと思います。

※B-OPENの見解なので他の意見があればそれも一つになります。

定借でも再契約可能であれば大丈夫です。
※不動産屋さんとよく話をしてから契約に進んでください。

B-OPEN実績では定借で美容室開業されている方はいます。

不動産屋さんになぜ定借かも聞いてみると良いです。

例えば
築古、都市開発地域などの理由があります。

定借で内装工事している方はいます。

定借3年契約、再契約可能という形であれば美容室開業している方はいます。

再契約可能なケースは多くありますが、建物の取り壊しが決まっているなど再契約が不可能な場合もあります。不動産屋さんに確認してみてください。また、普通借家に切り替えることも可能な場合があります。不動産屋を通じて貸主に交渉することをお勧めします。

小型店舗はだいたい8坪から15坪くらいの広さを指します。
具体的には、セット面が2台、シャンプー台が1台の場合は6坪から10坪くらいとなります。

居抜き譲渡金は基本的には現借主との交渉になります。
※家主さん若しくは不動産屋の場合もあり。

家賃や保証金などの契約条件は不動産屋さんを通して家主(貸主)への交渉になります。

その都度、家主さん次第になります。

居抜き物件は元々設備が整っていますのでインフラは大丈夫かと思います。

ただエアコンや給湯器など使えているかなどのチェックは必要です。

あと居抜き譲渡費用がある場合は、その費用と内装に手を加える場合は新規で内装をやるより安くならないと居抜きでやる意味が減るので注意が必要です。

居抜き物件売り主に聞くことは可能かと思います。
理由に関してはその都度違い、人が辞めてしまったなど様々な理由があります。

聞く際は売主もしくは仲介業者に聞いてみてください。

“居抜きに入居するメリットは単純に内装工事費用が下げれる若しくは、譲渡金で美容室をそのまま引き継ぐ形のため、場合によっては安く早く美容室開業ができる可能性があります。

ただ、居抜き譲渡費用を支払い、新たに内装工事をフルにやると割高です。

現借主次第ですが居抜き譲渡金の相場はその都度違います。”

譲渡金は現借主、次の借主の間で決めることになります。

※不動産屋、家主さんとの兼ね合いもあります。

内装や什器、顧客など色々な形がある為、その都度金額は変わります。

弊社の事例で24坪8席で800万円での売り出しが1100万円超えの仲介もありました。

相手の希望額とご自身が合わない場合は諦める形になります。

交渉はできるとは思いますが応じるかは現借主次第です。

基本は店舗型住宅の場合、家の部分は住宅ローンです。
店舗の部分は自己資金か、事業ローンになります。

家、店舗を全て住宅ローンで組まれているケースがありますが基本的には、住宅ローンは住宅の為にあります。

建築される予定の不動産屋さんにもご確認ください。

賃貸店舗を借りて創業融資を行うよりは少し複雑と考えてます。
店舗型住宅のローンについて、店舗面積部分は自己資金or事業ローンになります。
建物を建てる建築会社、不動産屋さんで住宅ローンなどの手続きをしてくれますので一度ご相談してみてください。

条件次第で、代官山でもあります。
数は少ないですが事業用区分マンションなどが見つかれば家賃比率10%前後あると思います。
勿論テナントでも探せばあるとは思います。

水道に関しまして口径は関係あります。
美容室は通常25㎜あれば大丈夫です。

なお、店舗が大きくシャンプー台の数が多くなりますと、水圧が弱くなる可能性はあるので注意が必要です。

使用(作業)面積13㎡(約4坪)以上であることが必要です。
トイレと待合はこの面積に含みません。

※念の為、ご自身でも保健所にてご確認ください。

融資が出ないこともあります。
物件契約を融資決定後にする形が安心です。
すでに物件契約していて、融資が出ない場合は別途ご相談ください。

最短ですと、
物件申込から2ヶ月程度でオープンになります。
※B-OPEN実績。
※坪数にもよります。

通常は2ヶ月〜4ヶ月程度かと思います。

融資申込から内諾までは1ヶ月〜1ヶ月半。
内装工事は3週間〜2ヶ月程度。
※坪数などにもより変わります。

事前に相談に行って開業の流れや融資の流れは把握しておくのは良いと思いますが最終的には、
・不動産契約金明細書
・内装工事見積書
・美容什器見積書
こちらが揃いまして創業計画書、事業計画書を記載していく形になります。
相談したからと、有利に働くことはありません。

自己資金500万円で、
融資調達1,000万円は問題ないです。※個信にもよります。

1人2人サロンで10坪〜15坪はどのエリアも人気です。
良い物件が出てきても、他に取られてしまうケースや家主さんに断られるケースもあります。
物件はタイミングです。

電気の容量、ガスが来ているか、給排水も確認してください。
条件交渉は基本的に物件申込のタイミングになると思います。
あとはご自身が良い物件だと思ったら、内装施工店の現調を入れてください。

美容室を開業する際には、電気、ガス、水道などのインフラ設備についても確認する必要があります。
具体的には、電気のアンペア数や動力の有無、ガスや水道の設備状況、増設や費用についてもチェックし、開業に必要な設備が整っているかどうかを確認することが重要です。
管理会社に確認するとともに内見の際に内装業者に同行してもらうことをお勧めします。
B-OPENでもご相談可能です。

契約が終わった後は内装工事の着工に入り、美容室の開業準備に進むことになります。

独立開業の場合は基本的に融資内諾後、物件契約の方が安心できると思います。
ただ、物件を止めておけないケースが多いので物件契約を先にするケースもあります。
店舗展開の場合は実績がある為、融資を行う前に物件契約を先にしています。
借りたい物件に他にも申し込みがあった場合は貸主側は早めに契約してくれる方を優先にします。

B-OPEN実績では、独立される美容師さんの個信、売上、自己資金にもよりますが物件契約を先にするケースが70%以上です。
※あくまでもB-OPEN実績によるもの。

貸主側が承諾するかはわかりませんが、家賃、フリーレント、保証金・敷金は物件申込時に交渉します。
不動産仲介業者を通じて依頼する形です。
不動産仲介(借主側)→管理会社(元付)→貸主という流れです。

開業した方の実績では物件の申し込みから契約までには、数週間から1ヶ月以内が平均です。稀に契約を急がれる大家さんや、逆に大家さんとなかなか連絡が取れず1ヶ月以上かかってしまったというケースもあるので開業計画は余裕を持つことがお勧めです。

物件は図面だけでなく、物件の詳細や平米数、定期借家と普通借家の違い、家賃や内装工事に関する条件などを考慮する必要があります。また、条件交渉についても家主や管理会社との調整が必要です。図面の見方を知りたい場合や、家主または管理会社への条件交渉が必要な場合はアドバイスいたします。

物件を選ぶ際には、特に首都圏においては駅から徒歩5分以内であること、コインパーキングが近くにあること、エレベーターがあることなどがポイントになります。また、家賃は売上や経営計画に合わせて設定し、収支や黒字化を考慮して選ぶ必要があります。

美容室を開業するための店舗契約から賃料発生までの流れには、まず物件の選定と内見、内装の現状調査、そして物件申し込みと保証会社の審査が含まれます。
その後、家賃や内装工事期間のフリーレントなどの条件の交渉を行い、条件が固まったら不動産屋が契約書と重要事項説明書を作成して契約日を設定します。
契約までの流れは大体1ヶ月ほどかかることが一般的です。
貸主の意向でそれよりも早まることや遅れる可能性も視野に入れましょう。

店舗の契約の場合、契約金や敷金または保証金、礼金、仲介手数料、保証会社の手数料、前家賃、借家人賠償、鍵の交換代などがかかります。
大体の相場としては、家賃の10ヶ月分くらいの費用がかかると考えられます。
敷金・保証金は3ヶ月分程度から10ヶ月分程度預けることが多いですが、新築や都心部では預ける金額がそれ以上に多くなる場合があるので注意が必要です。
必要な資金については契約金明細書や事業計画書でしっかりと確認し、借り入れの際には見えない費用も含めて検討することが重要です。

物件内見をして、その物件で決まれば→内装現調→内装、什器のお見積を取ります。
物件は申込をして物件契約金明細を不動産屋さんにもらいます。

・物件契約金明細
・内装工事見積書
・美容什器見積書

こちらがあれば事業計画には入れます。

※不動産屋さんには融資内諾後物件契約になる旨は伝えた方が良いです。

具体的なステップとしては、物件選定や内見、内装の現状調査、物件申し込みと保証会社の審査、家賃や内装工事条件の交渉、そして契約書と重要事項説明書の作成、契約日の設定、契約金の支払い、契約などが含まれます。

空中階のデメリットは、認知度よりも水道の問題や電気の容量などが出てくる可能性がある点です。
特に水圧などは美容室にとって重要であり、事前の検証が必要とされます。
必ず専門家の意見を聞くことが重要です。

空中階のメリットは、路面店とは逆に家賃が安い点です。
また、上階に位置することで、認知度が低いというデメリットを補うことができます。
ただし近年は集客がSNSや広告からの集客がほとんどのため認知度の差はそれほど大きくありません。

給排水設備の管の大きさが不十分な場合、トイレに給排水設備を設置して調整する方法がありますが、場合によっては大掛かりな工事が必要になることもあります。

物件契約前に前に内装業者などの専門家に必ず調査を依頼してください。

通常、借家人賠償は不動産屋、貸主の指定の保険会社がほとんどです。

ご自身で保険屋さんを探す形でしたら、大手ですと損保ジャパンなどになります。
借家人賠償金額は、2,000万円前後くらいのものに入れば良いと思います。
※内装金額や什器、美容室の規模にもよります。

立地の良さは家賃が高くなる傾向にあります。ただし、内装をきれいにすることで雑居ビルでも魅力的な美容室を作ることができます。私は立地よりも家賃を重視する考えです。

都心部であれば家賃のバランスを考慮し、空中階をお勧めします。
ただし、地方においては視認性の良い1階や2階が適している場合もあります。

路面店のデメリットは、高い家賃が挙げられます。
特に都心部では空中階よりも家賃が高くなる傾向にあり、それが課題となっています。

路面店のメリットは、道路沿いや歩道に位置することで認知度が高まる点です。
看板としての効果があり、美容室などの店舗がはっきりと分かる利点があります。

都心部や駅近であれば路面店ではなく、家賃の低くなる2階以上で良いと思います。
※エリアにもよります。
固定経費を抑えることを優先します。
マンションでテナントとして貸し出ししているところは少ないです。
また、B-OPENでも実績はありますが、マンションはお風呂などの解体費用がかかるので注意が必要です。

基本的には不動産屋さんに相談してみる形です。

ただ売主がお知り合いの場合は直接聞く場合もあります。

B-OPENですと半年くらい前からの物件紹介になります。

不足している場合はビルでの増設や外部からの電気引き込みが必要になります。
増設工事には大きな費用がかかるため、物件契約前に現場調査が重要です。

設備

B-OPENの過去実績になりますが15坪あればセット面5席、シャンプー3台は置けると思います。
ただ同じ坪数でもビルの形状により変わりますので注意してください。

B-OPEN過去実績になりますが15坪あればセット面5席、ジャンプー3台はいけると思います。

ただ同じ坪数でもビルの形状により変わりますので注意してください。

インフラにつきましては、希望の最大数のセット面、シャンプー台に使用する電気、給排水などが足りていれば大丈夫かと思います。

1台分の給排水は立ち上げまで行い、蓋を閉めておくと良いです。

セット面5席〜7席
シャンプー台2台〜3台
になります。

物件の形によっても変わります。

物件エリアによってもセット面の間隔が変わります。
※1200〜1600mm前後。

サイズ感のイメージになります。

ビューティーガレージ、セブンビューティーをお勧めしています。

内装工事における電気のコンセント設置は後からでもできますが、見栄えや形状が見劣りする可能性があるため、初めの段階での確保が重要です。施工段階での細かな確認と修正を行い、利便性と美観を両立させることが望ましいです。

15cmから20cm程度です。
現場によって変わりますので施工店に確認してもらってください。

シャンプー台は給排水の設備に関連し、20センチほど床上げが必要な場合があります。給排水の勾配を考慮して床が上がるため、シャンプー台の設置に必要な高さを確保する必要があります。

水圧はビルによっても階数によっても違います。
細かいことを言うと、水道管になりまして幹線道路に近いところは水圧が強いです。
枝から枝にいくほど水圧は弱くなります。

ビルが古いと水圧が弱いことも多くあります。

水圧が弱い場合、タカラのタンクを積み、水圧ポンプが付いてますので水圧強くなります。
B-OPEN実績によるものなので物件が決まったら施工店に調べてもらうことをオススメします。

美容室の広さによってセット面やシャンプー台の配置は異なります。
例えば、7坪から10坪程度の広さではセット面2席から4席、シャンプー台1台から2台が一般的です。
15坪程度になると、セット面は5席、シャンプー台は3台程度を考えることができます。
20坪以上の広さでは、7席から8席のセット面、3台から4台のシャンプー台が必要になります。

YUMEシャンを慣れていると、お客様もYUMEシャンが良いと思ってしまうかもしれませんが…
フルフラットのシャンプー台はビューティーガレージ、セブンビューティーにもあるので見てみてください。

シャンプー台のところが15センチから20センチ上がる形になります。

高さに関しては高ければ高いほど良いですが、低いところもあります。

住宅では2.5m前後かと思います。

天井低くても家賃が安い事業用区分マンションなど美容室されている方はいます。

働く方、お客様で身長が高い方は気になると思います。

プロパンでも大丈夫ですが、都市ガスと比べてガス代は上がる場合がほとんどです。
※ガス会社に金額はご確認してください。

設置費用もプロパンガス屋さんにより変わります。
稀に給湯器を無料にしてくれる場合もあります。

地域のプロパンガス屋さん数社あればそれぞれに聞いてみることをお勧めします。
なお、ガスを使用しない場合は電気ボイラーを利用する方法もあります。

美容室より設備費用が掛からないためイニシャルコストは低いです。
費用は不動産、内装、什器にもよりピンキリです。
坪数や内装デザインにもよりますが。
全て込みで200万〜600万円程度想定します。

美容室の開業における内装費の平均的な費用は、500万円程度が一般的です。ただし、条件や物件によってはそれ以上の費用がかかる場合もありますので、事前にしっかりと計画を立てることが重要です。

後々に雇用をした時を考えて開業時にシャンプー台を多めに設置しておく場合は、1台分の給排水は立ち上げまで行い、蓋を閉めておくと良いです。

B-OPENの実績にはなりますが、開業するサロンでレセプションカウンターはないところもあります。
保健所検査は通過しています。
※ただ地域によっても変わる可能性がある為保健所には前もって確認してください。

減価償却費は、内装や什器などの設備に関して確か20万円以上が対象だったと思います。
※税理士に確認する必要はあります。

家賃を抑えて広くする為にはレセプションカウンターなどを最小限にするのも一つの方法です。
特に都心部はスペースギリギリで内装工事をしています。

ビルの形状により異なりますが20坪程度必要です。

電気容量は最低50A /10k
60A /12kあれば安心です。

※50A /5k SB住宅向けの契約は厳しいです。増設が必要です。

↑ガス給湯器が使える前提です。

電気ボイラーを使うと容量は足りなくなります。
※ボイラーを使用する場合は電気容量をメーカー確認してください。

また動力がきていなくエアコンをカバーできない場合は、必ず60Aは必要になります。

あくまでもB-OPENの実績によるものですのでご理解ください。

物件が決まり次第、正確に調べる為にも内装屋さんに現調をしてもらい確認してください。

内装工事には、内装仕上げ工事と給排水・電気系統が含まれます。
内装仕上げ工事には建具の制作や塗り壁、タイル貼りなどが含まれ、給排水や電気系統にはシャンプー台やエアコン、換気扇などが含まれます。
内装工事の費用は最低限のものからこだわりを持ったものまで幅広くあります。
広さの他にも建具や造作物などの内容によってによっても大きく費用が異なりますが内装工事は500万から700万円程度と考えられます。
給排水設備や電気などに多くの費用がかかるケースが多いです。

大きく2つの方法があります。
1つ目はスケルトンのコンクリートを活かした方法で、壁や天井を塗装したり、基本的な設備のみを活用することで内装費を抑えることができます。
もう1つは既存の設備を活かす方法で、エアコン、トイレ、20年以内に新しく設置されたガス給湯器などを活用することで内装費を抑えることができます。
例えばエアコンが設備として付いていた場合は50〜70万円の節約ができます。
そ他に、見えないところなどは既製品を使うことが費用を抑えるポイントです。

概算ですがセット面3面、シャンプー2台、ドライヤー3台で約36A、エアコン20A(※エアコン小さい店舗の場合)

60Aあれば間違いありません。

40A→60Aに電力を上げてもらえるかを不動産屋を通じて貸主に確認してみてください。
電力を上げられるかどうかは物件の築年数にもよります。

また、同じ40Aでも4キロワットと8キロワットが存在します。
8キロワットあれば電力を上げずに美容室ができる可能性があります。(※エアコン小さい店舗の場合)

※大体はガス給湯器を使いますが、ガスではなく電気ボイラーを使用する場合は電力になるので変わります。

物件ごとに内容が変わる為、内装業者の現調を入れてインフラ設備確認してもらうのが間違いありません。

水圧が弱い場合には、タンクを設置して水圧を補う方法や、ヘッドを変えることで水圧を強くする方法があります。
過去にベランダにタンクを設置して水圧を向上させた実績があります。
簡単な改善方法は、シャワーヘッドを高水圧のものに変えることです。
4,000円〜10,000円程度でもできる場合があります。ただし、状況に合わせて適切な対処が必要です。

水道に関しまして口径は関係あります。
美容室は通常25㎜あれば大丈夫です。

なお、店舗が大きくシャンプー台の数が多くなりますと、水圧が弱くなる可能性はあるので注意が必要です。

必ず専門家が現地調査を行い、電気容量や配管の状況などをチェックします。
また、大手電力会社やガス会社にも確認が必要です。
これらの情報は見積もりにも反映され、工事や設備の費用に影響します。

物件設備や内装の内容にもより変わりますが、700万円〜1,000万円前後になると思います。

給排水設備の管の大きさが不十分な場合、トイレに給排水設備を設置して調整する方法がありますが、場合によっては大掛かりな工事が必要になることもあります。

物件契約前に前に内装業者などの専門家に必ず調査を依頼してください。

美容什器の中でも、ガスがなくて電気ボイラーを積む必要がある場合、インフラ設備の問題で70万から100万程度の費用がかかることがあります。
同じようにエアコンがついていない場合は50万から70万円ほど追加の費用がかかります。
また、ビルによっては貸主指定業者を使うことでイレギュラーな費用がかかる場合もあるので注意が必要です。

美容室に最適な上下水道設備の条件は、給排水設備が重要です。
排水設備はトイレやシャンプー台の使用に対応し、その大きさは40パイ以上が必要です。
また、水道の容量も重要で、1階と10階では水圧が異なるため、業者に確認が必要です。

特に電気、ガス、水道が重要です。
電気は50アンペア以上、水道は十分な水圧が必要で、ガスも通っていることが必要です。
ガスが来ていない場合は電気ボイラーを使うことになるので考慮が必要です。
これらのインフラ条件は専門家による現地調査が必要であり、一般の美容師などでは判断は難しいです。
内装業者や私たちB-OPENにご相談ください。
また天井の高さも重要です。
特に古いビルでは手で届くような低い天井や天井の上昇制限がある場合があります。
また、シャンプー台の設置に必要な高さが確保できない可能性があります。

融資申込中は内装や什器、設備に関しては先に支払うと出なくなります。
買う物と金額によりますが金額がそんなにいかないのであれば現金で購入し、金融機関の融資で運転資金を増やす方法があります。
※運転資金の枠に設備の内容を書いても出ませんのでお気をつけください。
勿論設備より運転資金の方が借入しにくいですが金額が10、20万円程度であれば運転資金の借入を増やす形です。


B-OPENの場合
例えば
出るかは確実ではないが、運転資金申込を300万円以上にしておく。
基本は運転資金の融資調達は200万円前後ですが、過去の実績で創業融資の運転資金で500万円調達した方は1人います。

シャンプー台、セット椅子などのことになります。

はい、電気(電灯)と動力は別物です。
電気は照明やコンセントなどの一般的な用途に使われ、動力は大型の機器や設備の動作に必要な電力です。
美容室では両方の用途があり、それぞれの容量や用途に合わせて設備が必要です。

美容室開業時に電気の増設が必要な場合は、ビルの管理会社や電力会社に相談し、増設の可能性を確認することが重要です。
現場でのしっかりした内装の現状とインフラ設備の確認が大切です。

電気の容量を上げるための工事費用は例えば180万円かかる場合もあります。また、給排水の位置を変える際には床を上げる必要があるため、費用がかさむことがあります。

不足している場合はビルでの増設や外部からの電気引き込みが必要になります。
増設工事には大きな費用がかかるため、物件契約前に現場調査が重要です。

美容室の規模や使用する機器によって異なりますが、一般的に美容室では100アンペア程度の電力が必要とされます。
ドライヤーやボイラーの数、設置するエアコンの容量などによって必要な電力量が変わります。

一人〜二人美容室の規模では家庭用の電気温水器450、550ℓ必要です。
※メーカーにもよります。

タカラのダンリュウが良いとは思います。
※タカラにご連絡して内容確認してください。

電気容量
動力50A +エアコン25A

60A 12キロ
が必要になると思います。

あくまでもB-OPENでの事例になりますので、必ず電気温水器メーカーと施工店にご確認をしてからの注文、施工をしてください。

ビルの状況にもよりますので不動産屋さんにもご確認ください。

なお、家庭用のパナソニックやダイキンで問題なければそちらの方が安いです。
施工店と各社に確認してみてください。

運営

メリットは自分の好きなようにメニューを作成したり、自分の好きな時間に働けたり、自分が働けばその分の給料がもらえたり、時間のセーブができるなど、自由度が高く、効率的に働けることがメリットです。
家族がいる場合は時間を自由に使えるため家族の行事への参加がしやすいことは大きな魅力の一つです。
反対にデメリットは代わりが効かないため怪我や病気に注意が必要であり、お金を稼ぐためには労力を使うことになり体力の問題も考慮する必要があります。万が一に備えて保険に加入することも大切です。

ランニングコストはかかりますが、新規集客などする為には必要な資金です。
もともとの売り上げがあり、新規集客がいらないのであれば必要はないのかもしれません。
広告費は創業融資申込時点で、金融機関への創業計画書に運転資金で入れてます。
開店されてから広告をかけられている方がほとんどです。

売上100万円と仮定した場合

家賃比率7〜15% 約10万
材料費率10%前後 約10万
光熱費5〜7万
借入返済10万円前後
雑費1万
ポスシステム…
広告費…

合計40万円前後になります。
※エリアにより変動。

LPサイトは集客のポイントになり得るツールです。自分のLPサイトを作成し、SNSと連携させることで集客に繋げることが可能です。同様に、他のマーケティング手法も時間をかけて取り組むことが重要です。

サロンの規模にもよりますが、スタッフ1人から4人程度で、15坪前後のサロンであれば融資調達含めて200万円から300万円程度で大丈夫かと思います。
※固定経費などの3ヶ月から4ヶ月分が理想と言われています。
勿論多ければ多いほど経営者は安心します。

サロンの規模にもよりますが、スタッフ1人から4人程度で、15坪前後のサロンであれば融資調達含めて200万円から300万円程度で大丈夫かと思います。
※固定経費などの3ヶ月から4ヶ月分が理想と言われています。
勿論多ければ多いほど経営者は安心します。

B-OPENで開業された方の実績になります。

1人美容室の月売上70万円以上
家賃比率15%未満

6席の場合は複数人で合計平均売上は月300万円前後必要となります。
※家賃にもよる。
1人あたり売上100万円前後あると良いと思います。

一人二人での違いはそこまで大きくなく、売り上げを持ち、集客もある程度できていれば、どちらも問題なく利益は出せます。
ただし、儲かる度合いは個人によって異なります。

一人美容室を開業する際のリスクとして、雇用ではなく個人での事業運営が行われるため、自己資金や借金による資金調達が伴う点が挙げられます。
また、スタッフや教育の面でのサポートが限られることもリスクの一つと言えます。
さらに、自分が怪我や病気をしてしまうと営業困難となるためリスク管理が欠かせません。
一人で美容室を開業するデメリットは、体調面でのリスクや融資を借りて開業する際のプレッシャー、そして体を壊した時に代わりが利かないことがリスクとなります。体を壊した際のリスクに備えて保険に加入することはとても重要です。

開業される方々によります。

完工して数日以内の方もいますし、2週間くらい余裕を持っている方もいます。

開業される方次第になります。

家賃が発生していると思いますので早めのスタートをしている方が多いですが、保健所の検査が通らない場合もあり得ることを考慮して設定するのが良いかと思います。

地方と都心での集客やリクルートのポイントは異なります。地方ではポータルサイトなどの地道な広告活動が重要であり、都心ではインスタ広告やリスティング広告などのオンライン広告に重点を置くことがポイントです。

夫婦での経営におけるお客様へのメリットは、アシスタントと美容師の役割分担によるスムーズな施術や、経営者夫婦ならではの理解とサービス提供、長いお客様との信頼関係を築きやすい点などが挙げられます。

夫婦での経営においては役割分担が必要です。
たとえば、夫が美容師で妻がアシスタントという役割分担や、経営に対する意向が明確に異なる場合など、役割分担を通じて効率的な経営が可能となります。

1人美容室や夫婦美容室の開業は成功しやすい傾向があります。小さい規模で開業可能なため家賃を抑えることができます。またその他の経費も一人または夫婦ですとコントロールのしやすさがあります。自由な時間が手に入るのもメリットの一つです。時間やお金を工夫し、お客様にメリットのあるサービス提供や客単価の向上などが挙げられます。100万円で開業しても、売上が160万円や180万円に増えるケースも実績としてあります。

使ってない個人口座などで、ひとまずスタートをして融資受け取りや支払いをする。
のちに屋号の口座を作る形でも良いと思います。
融資は日本政策金融公庫の場合は口座がない為個人口座もしくは屋号、法人の民間金融機関の口座に振り込まれます。
信金、地銀、メガ、商工中金はそれぞれの金融機関の口座がある為、そこで口座を作り融資が振り込まれます。

※開業届は早めに出して良いと思います。



顧客ゼロでのスタートであれば、新規集客は必須です。
ホットペッパービューティーの1番下のライトプランは場所によっては3.5万円~なので、他の広告に費用をだすならまずはホットペッパービューティーにて投資した方が費用対効果が得られる可能性が高いです。
Googleは無料なのでやった方が良いですが、面貸しの場合は入られるお店のGoogleと重複しないか確認が必要です。

会社設立して役員報酬もらうのであれば加入が必要かと思いますが、社労士さんに確認するのが良いと思います。

求人を成功させるためのポイントとしては、長期的な雇用の促進や優秀なスタッフの獲得、お店の認知度向上など、求人を出すタイミングが重要です。
今出ている求人と自分のお店を比較し差別化できる点や上回る点があることが大切です。
求人掲載に関しては不安や不満を解決できるお店の魅力を伝える方法や、優秀なスタッフを獲得するための戦略が重要です。
単発で求人を出すのではなく長期的に見るとが必要で、優秀な人材がどのような形で離職が起きているのかを考えることも重要になります。

“B-OPENで1人美容室開業された方々のほとんどが1,000円、2,000円単位で客単価を上げています。

実績の一例としては、

・千葉にて 雇用時10,000円→独立後16,000円
・埼玉にて 雇用時9,000円→独立後30,000円

メニューを新しく考えたり、料金を変えたりと工夫されています。
少なくとも過去よりも上げることをお勧めします。”

独立開業前から集客の取り組みを行うことは非常に重要です。開業前に勤めている時になぜお客様が指名して下さっているのかや自分の強みを把握し、言語化します。そして自分用のSNSNやLPサイトを作成したり、ポータルサイトや広告を利用して集客を始めることで、独立後も集客につながりやすくなります。

雇用をする場合は社労士さんへ助成金の申請や労働社会保険、年金等の手続きを依頼してください。
店舗の財務処理は税理士さんが行なってくれます。
1人美容室であれば社労士は不要ですし、財務を自分で行う場合は税理士に依頼する必要はありません。
状況に応じて依頼してください。
誰に依頼すれば良いかわからない場合はB-OPENからご紹介できますのでご相談ください。

美容室のコンセプト選定では、多様なコンセプトの中から勝率の高いものを選び、そのコンセプトに合った戦略を立てています。コンセプトに沿った施術やサービスを提供し、集客力を高めることを目指しています。

集客を代理店に依頼する際には、地域によって代理店の有無や強みが異なるため、地域にあった代理店を選ぶことが重要です。
マーケティング会社や代理店が提供するサービスや実績、担当者の力量などをしっかりと確認し、相談することが大切です。
また、自身でのSNS運用も重要な広告宣伝の一つです。
B-OPENにて宣伝広告に強い代理店もご紹介しております。

雇用において大切な要素は、お給料だけでなく、不安を取り除く教育やサポートを提供することです。

その他

美容室居抜きですね!

下記のLINEよりご連絡ください。

https://lin.ee/1w0F6bA

フリーランスのデメリットとしては、保証や自己集客への圧力、自己資材管理の負担が挙げられます。

フリーランスのメリットは一定の力量があれば収益率が高く、一部では100%まで手取りできる点があります。
また、自由度が高く自分自身でお客を獲得し、施術を行うことができます。

保健所の検査は担当者によって厳しさが異なります。
ただし、書類の作成や内装工事の進捗管理を計画的に行い、確認を怠らなければ問題なく進めることができます。

保健所の検査の時には、電気のルックス測定、平面図の寸法測定、消毒器やタオルの配置などが厳密にチェックされます。検査の書類が不足している場合は後日写真を添付して取りに行くことが多いです。

内装工事着工前後に保健所へ申請書をもらいに行ってください。
内装工事途中の段階で、申請書を提出して検査日を内装工事終わるタイミングあたりに予約を入れると良いです。

ネットや先輩美容師から情報を得る際には、個々の事情や状況が違ってくるために具体的なアドバイスを得ることが難しい場合があります。
そのような場合は、経験豊富なアドバイザーに相談することで適切なアドバイスを得ることができます。
私たちB-OPENでは開業に関するすべてのことをご相談可能です。

個人事業主として開業届を提出していますので、金融機関の創業融資はそのままで大丈夫です。
※あくまでも個人事業主として独立の場合です。

こちらのサイトにてご確認ください。

https://b-open.jp/

B-OPENで1人美容室開業された方々のほとんどが1,000円、2,000円単位で客単価を上げています。
実績の一例としては、
・千葉にて 雇用時10,000円→独立後16,000円
・埼玉にて 雇用時9,000円→独立後30,000円

メニューを新しく考えたり、料金を変えたりと工夫されています。
少なくとも過去よりも上げることをお勧めします。

開業後に来てくれるお客様を増やすことと、ご希望のエリアで物件を探して、家賃や広さなど参考にしておくこと良いと思います。「B-OPENオリジナル開業やることリスト」も参考にしてみてください。

まずは、物件探しになります。
開業する4ヶ月前位には物件を決めておくのが望ましいです。

物件内見→物件申込→内装現調→融資申込→物件契約→内装工事着工→完工→保健所検査の順になります。

坪数にもよりますが、
2ヶ月〜3ヶ月程度で全て完了します。

融資の準備や事業計画書作成は不動産契約金明細書、内装工事見積書、美容什器見積書がないと正確なのは出せないため、後からになります。

一人美容室開業や夫婦美容室開業に関する質問がありましたら、B-OPEN公式LINEまたはオープンチャットからご連絡ください。
また、不定期でオンラインセミナーを開催しておりそちらでも質問を受け付けています。

通常、借家人賠償は不動産屋、貸主の指定の保険会社がほとんどです。

ご自身で保険屋さんを探す形でしたら、大手ですと損保ジャパンなどになります。
借家人賠償金額は、2,000万円前後くらいのものに入れば良いと思います。
※内装金額や什器、美容室の規模にもよります。

ネットで書いてあることが事実かと思いますが、税理士さん、税務署の担当者によっても考え方が違います。
間違いがあるといけないので、一度税務の専門家にご確認ください。
※B-OPENにて税理士ご紹介も可能です。

ご自身で税務申告ができるのであればスタートは付けなくても大丈夫だとは思います。
ただ、独立開業時に融資を申込決済されるまでには開業届の提出が必要なため、それもご自身で行うことになるため、最初から税理士を付けている方は多くいます。

費用については規模にもよりますが、大体15,000円前後が妥当です。

開業者に直接ご相談されたい場合は一度B-OPEN公式LINEまたはオープンチャットからご連絡ください。

B-OPENについて

開業者に直接ご相談されたい場合は一度B-OPEN公式LINEまたはオープンチャットからご連絡ください。